Wicked Labo. キャリアアップ研修,情報 キャリアアップ研修の基本

キャリアアップ研修の基本


キャリアアップ研修は、何のための研修でしょうか。

  • 処遇改善を受けるために設定された研修?
  • 順番に回ってくる研修?
  • とりあえず15時間受けて、修了証をもらう?

どれも間違いではありませんが
本来は『保育士が一生涯成長し、仕事を続けていくために整えられた制度』です。

7つの分野があり、それぞれ15時間の受講で、修了証が発行されます。

7つの分野はそれぞれの役割と、共通している部分があります。
それぞれの分野が重なり・支え合いながら保育を成り立たせています。
それぞれの専門分野をうまく機能させるため、にマネジメントが全体を包んでいるイメージです。
一つの分野から広がり、複合的に学ぶことをお勧めしています。

それぞれの役職で、必要な要件を見ていきましょう。

〇副主任保育士
経験年数7年以上
職場での人数の割合全体の3分の1
加算要件4分野以上のキャリアアップ研修の受講
加算金額40,000円
キャリアアップ研修は4分野以上の受講が求められますが、そのうちの1講座はマネジメント分野を受講する必要があります。
〇専門リーダー
経験年数7年以上
職場での人数の割合全体の3分の1
加算要件4分野以上のキャリアアップ研修の受講
加算金額40,000円
副主任保育士のように受講内容に特定はなく、いずれの研修を受講しても対象となります。
〇職務分野別リーダー
経験年数3年以上
職場での人数の割合全体の5分の1
加算要件1分野以上のキャリアアップ研修の受講
加算金額5,000円
担当する分野に該当する研修を1分野以上受講しますが、マネジメントと保育実践の研修は加算要件として認められません。

この要件に囚われず、自分のスキルアップや実践に必要な分野を学んでいくことで、日々の保育が充実していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Related Post