Skip to content

子どもと遊び

遊びという言葉に、どんなイメージがありますか?

  • 子どもがすること
  • ゆとりがあること
  • 外で走り回ること
  • 楽しいこと  

など、人によって、色々なことが浮かぶと思います。

そもそも遊びとはなに?

遊びの語源や定説は様々です。遊びという言葉は、大人の息抜きや社会的な場面でも使われていますね。
子どもにとっての遊びは

  1. 心と体の成長発達を促すもの
  2. 新しい世界を知ること
  3. 友達との関係が生まれ、育まれること
  4. 楽しみを持って学ぶこと
  5. 様々な表現方法を知ること

など、成長には欠かせない要素がたくさん詰まっています。

遊びが育む、五感の発達

「視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚」の五感は、人間が幸せに、そして安全に生きていく上でとても重要な感覚です。

大人は、情報を収集するために、感覚のうちの80%を視覚に頼っています。
次に、10%前後の情報収集を聴覚に頼っていますが、残りの嗅覚・味覚・触覚については、赤ちゃんの頃がピークで、年々衰えていきます。

歳を取ると味が濃くなる。ということも、関係していますね。

だからこそ、幼少期・学童期に五感を意識した遊びを積極的に取り入れたいものです。

五感を育む遊びの例

  1. 光と影を使った遊び
  2. 音の当てっこ
  3. ボディペインティング
  4. 色々な味・匂いを試してみよう
  5. 箱の中に何があるかな?

など、色々とできる遊びがあります。一つ、例を出してみましょう。

音の当てっこ

@素材には、色々な音があることを知る
@耳を澄まして聴く経験をする
@想像力を膨らます

  1. ガラス、プラスチック、金属、ゴム、座布団などを用意する。
  2. 割り箸やバチ、プラスチックの棒など、音を出すものを用意する。
  3. 子どもたちから見えないように環境を作る(カーテンや幕、ついたてなどで仕切る)
  4. ガラス✖️プラスチック、金属✖️割り箸など、色々なバリエーションで音を出す

まとめ大人が設定しなくても、子どもの生活の中にはたくさんの遊びがあります。

何に集中しているのかな?
何に楽しみを感じているのかな?
次はどんなことをやろうと思っているのかな? 

など、子どもの観察をしながら、少しだけ世界が広げるきっかけを持てるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です