Skip to content

たんぽぽの日々

子どもが育つということ、その1日1日を共有していく保育の仕事。

子育て経験がなくても、とっくの昔に終わったような気持ちになっていても…

目の前にいる、今日のこの子が幸せであることに喜びを見つけ、ずぅ〜っと先の未来を応援していくことは、同じなのかもしれません。

俵万智さんは、子どもの体を通して、そして心の中にするりと入って、短歌に表現されています。

たんぽぽの日々をめくると

「そうそう!こんな気持ち!」
「私にも、この経験ある〜」

なんて声が、あちらこちらから聞こえてきそうです。

たんぽぽの
綿毛を吹いて
見せてやる
いつかお前も
飛んでゆくから

たんぽぽの日々:俵万智

竹馬の
ように一歩を
踏み出せり
芝生を進む
初めての靴

たんぽぽの日々:俵万智

こんな素敵な短歌が、生まれた背景とともに並んでいます。

是非お手にとって、保育者同士、保護者と一緒に、気持ちを共有する手助けにしてみてください。

2021.07.08 がじゅまる学習塾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です