Skip to content

いろいろな家族を知る絵本

家族にはいろいろな形があります。

側から見ると、ちょっと不思議だったり、理解するには時間がかかったりすることも。

保育に関わる人たちが、いろいろな世界があることをちょっとだけ知っておくことで、子どもたちとの優しくて楽しい時間を作ることができるのでは?と思い、2冊の絵本を紹介します。

タンタンタンゴはパパふたり

ニューヨークのセントラル・パーク動物園にいる、アゴヒモペンギンのロイとシロ。

二人は仲良く生活をしていますが、卵を産むことだけはできません。

そこで、飼育員のグラムジーさんが考えたことは???

いろいろいろんなかぞくのほん

いろいろな家族の形、考え方、生活があルコとを、楽しく学ぶことができる1冊。細かくて綺麗な絵が並んでいます。

2〜3人の子どもたちと一緒に、壁にもたれて読みたいな〜と思う絵本です。

保護者支援!なんて意気込みすぎないで、目の前にある現実の素敵なことを拾い集めながら、1日1日の幸せを積み重ねていきたいものですね。

2021.07.14 がじゅまる 学習塾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です