Skip to content

カテゴリー: ブログ

30分で明日の保育のヒントを!

皆さんこんにちは!

自粛明けの保育。子どもたちの成長に心配事が見えたり、
当たり前の日常に嬉しい気持ちを持ったり、子どもたちの
過ごす環境を改めて見直す機会になったり…と、それぞれの園での取り組みや懸念が生まれている頃かと思います。

今回のコロナ禍で、改めて「福祉」としての保育が見直されたという声も届いています。

今回は福祉という側面から、保育を捉え直す機会としました。急な日程変更となりましたが、ご一緒できることを楽しみにしてます。

ご自宅からの参加もお待ちしています♩


次回の予定は、11月16日(火)となっています!保育者の自己満足?というテーマでお届けします。

2021.10.20 がじゅまる学習塾

Leave a Comment

セルフマネジメントのポイント

マネジメント研修の受講生から、「セルフマネジメントを意識して、自分も組織も育んでいきたい」という声が届きました。

管理することがマネジメントだと思われがちですが…

『人・モノ・資金・情報をうまく活用し、最大限の成果をあげていくこと』がマネジメントです。

組織マネジメント・チームマネジメントなど、対象によっていろんなマネジメントがありますが、保育士として、社会人として特に大事にしたいのは

「セルフマネジメント」です。

自己管理、と訳することができます。自分自身の精神状態や、健康状態を安定させて、より良い状態になるように改善を図っていくことです。

そうすることで、自分を活かすことにつながります。

ポイントをまとめた資料を見えるところに貼って、自分で自分を育む習慣を身につけていきましょう。

2021.07.15 がじゅまる学習塾

Leave a Comment

いろいろな家族を知る絵本

家族にはいろいろな形があります。

側から見ると、ちょっと不思議だったり、理解するには時間がかかったりすることも。

保育に関わる人たちが、いろいろな世界があることをちょっとだけ知っておくことで、子どもたちとの優しくて楽しい時間を作ることができるのでは?と思い、2冊の絵本を紹介します。

タンタンタンゴはパパふたり

ニューヨークのセントラル・パーク動物園にいる、アゴヒモペンギンのロイとシロ。

二人は仲良く生活をしていますが、卵を産むことだけはできません。

そこで、飼育員のグラムジーさんが考えたことは???

いろいろいろんなかぞくのほん

いろいろな家族の形、考え方、生活があルコとを、楽しく学ぶことができる1冊。細かくて綺麗な絵が並んでいます。

2〜3人の子どもたちと一緒に、壁にもたれて読みたいな〜と思う絵本です。

保護者支援!なんて意気込みすぎないで、目の前にある現実の素敵なことを拾い集めながら、1日1日の幸せを積み重ねていきたいものですね。

2021.07.14 がじゅまる 学習塾

Leave a Comment