Wicked Labo. キャリアアップ研修,報告,情報 令和3年度 アンケート

令和3年度 アンケート


令和3年度は、7分野開催したことで、分野同士の関連性と広く学ぶことの大切さを痛感しました。

例えば、乳児保育では離乳食や嚥下に関する内容が含まれており、より詳しく理解・実践するためには食育や安全対策の知識は不可欠となります。

他にも限られた人数での保育、特に障害を抱える(感じる)お子さんの保育には、マネジメントの知識があれば解決できることも多くありました。

また、従来のキャリアアップ研修は、テキストに基づいた知識の習得がメインですが、私たちは少人数・行動に移すことを意識したカリキュラムで行っています。

自分ごととして、行動に移していくために必要な
「何に困っているのか」「何ができるか」「やってみてどうだったか」を重視したことで、多くの成果報告を聞くことができました。

約4割の方がお答えくださったアンケートから抜粋し、皆さんにお届けいたします。


・動画配信での研修だったため、あまり時間が拘束されることがなかったため、
受講しやすかった。

・考え方や役割など、運営に携わる上で色々な視点で捉える手法を学ぶことができました。園の課題、自分の課題を発見し、取り組むきっかけになった事が何よりも大きな収穫でした。

・改めて自身の保育に対する考えや取り組みを見つめ直すきっかけとなりました。

・コロナ禍でしたが他の園のお話を聞くことができ、励みになりました。あと、なかなか自分では何からどう学んでいったら良いかわからなかったので、良い機会になりました。

・初めてのオンライン研修で戸惑いもあり、以前の様に対面での研修の方が私には合っていると思いました。

・ガイドライン等の資料の多さに驚きながらも今までとは違う視点、意識で保育を見ることが出来た。

・実際に起こっている現状を踏まえた内容でとても良かったです。

・動画もわかりやすくて、他の職員にも共有したい内容がたくさんあったから。オンラインということで自分の都合に合わせてできるので良かった。

・動画配信での研修だったため、あまり時間が拘束されることがなかったため、受講しやすかった。

・分かりやすかったし、ズームの研修も少人数で、毎回一緒だったので、話し
やすかったです。

・動画配信だけの学びだけでなく、Zoomを通して直接話しあえる機会が良かったと思う。

・丁寧な指導。みんなで学んでいる実感があって楽しく学べた。

・周りの保育士と話し合いを密にして保育を行えるようになった。意見をあまり言えない職員には会える機会、場をつくりみんなの意見を出し合いクラスを運営していくことに成功していると思っています。

・ZOOMでの研修すごく良かったと思います。保育の中での疑問を相談したり、解決の糸口を教えてもらったりして沢山の学びがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Related Post

解決に向かう地図解決に向かう地図

皆さんの実践の中で、なかなか改善しないことはありませんか? 例えば 何年も前から問題になっている、滑る廊下。 なかなか病院を受診できない保護者。 減らない忘れ物… 一つの問題には、いくつもの要因があり、そこを紐解いていく […]